%E7%A0%94%E4%BF%AE%E3%81%AE%E3%82%82%E3%
fb4.jpg
ひとりひとりが自然体で
いられる世界を描き、
創造的コミュニケーションを
探求し続ける
IMG_20180522_162458_edited.jpg

WBCラボのミッション

“ひとりひとりが自然体でいられる世界を描き、
創造的コミュニケーションを探求し続ける”

「“人の間”にいるから、人間」というくらい、ヒトを人間という存在にしているのは、ヒト同士のつながりや、関わりです。

 

私たち人間は、人と協力し喜びを感じながら共に生きられる一方で、他者や集団との関係性で力を発揮できなかったり、「ふつう・当たり前」に悩み、能力を損なったり、自分は人の役に立てないと悩んだりして、心を病んでしまうことがあります。

 

ひとりで生きられないからこそ、社会や組織を作るのに、なぜかそのものよって苦しめられてしまう。幸せのためにみんなで頑張って働いて、物質的に豊かにはなっても、うつにかかる人は年々増加している。経済格差の問題はもちろん根底にあるにせよ、「つながり・関わり」が人のウェルビーイング(より良く生きる・幸福)に大きく関わることは、近年の研究で明らかになりつつあります。

 

 

一体どうすれば私たちは、人と関わりながらそれぞれ自分らしく幸せに生きられるのでしょうか。

 

​ 

当一般社団法人ウェルビーイングコミュニケーションラボラトリー(WBCラボ)では、不安定で不透明なこの時代にこそ、人が生きていくためにも、社会の成熟や環境保護のためにも、個人個人がそれぞれの価値観を大切に、自分らしく創造性を発揮しつつ、協働的に才能を発揮してゆくことが必要不可欠だと考えています。そしてその「人間」同士の発展を大きく担うと捉えるのが、つながりや関わり、コミュニケーションです。

 

 

実は、「ふつう・当たり前」に抑圧されたり隠れてしまっている部分こそが、その人の持つかけがえのない宝です。この先の見えない時代に、既存の「ふつうの正解」を持ち出すのではなく、「今までにない新しい解」を生み出す隠された力を、本来ひとりひとりが持っているはずです。そして多様な力をそれぞれ引き出していけば、自分のその自然体を伸ばすことに集中でき、また自分と人を比べてしまったりジャッジして苦しまずに済むはずです。

 

​ 

私たちはその、人が本来持つ「生きる力」としての創造性を信じ、その創造性を引き出し、多様な「個」も「全」も活かし合えるための循環役として、「創造的なコミュニケーション」を研究課題にしています。

 

組織・専門の枠を超え想いをひとつにする多様な仲間たちと共に、チームやコミュニティを良くしていきたいと願う人々と共に、世界を本当の意味で豊かにしていくための対話、創造的なコミュニケーションとはどういうものかを、終わりなき問いとして探求し続けていきます。

 

誰もが自分らしくいられることが、世界にとって最良であることを信じて。

循環図色付アセット 2_4x-8.png

<左図…ビジョン>

コミュニケーションを調和や循環を起こすメディエーターとして考え、

多様性(=あらゆる人の深層にある豊かな個性や才能)の受容と尊重、

創造性(=新しい答えを生み出す力)、

ウェルビーイング(=幸せ・より良く生きる)

の3つを循環的・包括的に発展。

 

年齢を問わず、国を問わず、枠組みを超えて様々な人々と協働しながらこのサイクルの向上を目指します。

代表理事紹介
face.jpg

おおばやしあや

・(一社)ウェルビーイングコミュニケーションラボラトリー代表理事


・フィンランド国家認定ソーシャルワーカー
・フィンランド ラウレア応用科学大学ソーシャルサービス科卒

 

・多様性を楽しむ、理解する、活かすための対話プロダクト開発

・創造的コミュニケーションのための対話メソッド開発

・アートやドラマなどを媒介にした創造的コミュニケーションのディレクション

  

・企業研修講師

・株式会社オカムラ主催「Work in Lifeラボ」ダイバーシティ研究チームリーダー(2018, 19)

 

・ゆる絵イラストレーター

1980年北海道生まれ。デザイナーとして勤めていたIT系企業でうつや休職が多いことに疑問を持ち、「人は一人でできないことをするために集団を作るのに、どうして集団によって苦しめられるのだろう」「どうしたら幸せに生きられるのだろう」の答えと解決法を知るために、「幸福度世界一の国」フィンランドの専門職大学を受験。

現地で5年間ソーシャルサービスを学び、「人の創造性を活かす」ことのすばらしさ、可能性に感銘を受ける。人の多様性(特に内面のユニークさや価値観)を引き出し尊重しあえる、創造的な場づくりをめざす対話カードツール(Cx3BOOSTER®/Cx3mini)を独自で開発。フィンランド・イギリス・日本でテストプレイをしながらも、学生ゆえ予算がゼロの中、日本のクラウドファンディングでたくさんの方からのご厚意を得て無事に製品化をする。

2国で起業していたが、出来上がったCx3シリーズが企業内などでチームビルディングやコミュニケーションに非常に好評であったことから、日本の職場やコミュニティの年々重くなる生きづらさ改善のため、あらゆる場での創造的コミュニケーションを通したウェルビーイング向上とより良い社会づくりのため、2016年から日本に腰を据え、あらたに法人を立ち上げる。

 

現場で困っている人たちの声を聴きながら、かつての自分のように「社内の問題で困りつつ、なんとかしようと頑張っている人たち」の力になるべく、日々勉強と開発の試行錯誤を続ける。

 

研修や講義では、「納得できる、当該の現場で実際に使えること」や「フェアさ」「体験・体感で学ぶ」を重視し、事前に詳しく状況の聞きとりをし、その組織のためのプログラムを作りに非常にこだわり、期待値の130%以上を目指す完全オーダーメイド制。

 

福祉国家の大学での経験や、最新の学術研究の参照だけではなく、西洋・東洋哲学などを組み合わせ、対象の企業文化にあわせながら、納得できわかりやすいコミュニケーション、ウェルビーイング、ダイバーシティ論と、「とても楽しく、体感で学び、考えさせられる」腹落ち体験をバランスよく提供することを心掛ける。「心理的安全性の高さがすごい」「魔法使いみたい」と、安全な場づくりと心に響く体験には、クライアントだけでなくプロの間からも定評がある。日産鮎川義塾 初級指導員。

 

 

趣味:突然思い立って旅行すること、ゲストハウスめぐり、カレー作り。

​コロナ禍となった今では、季節のものを美味しく頂くこと。

好きな食べ物:牡蠣、きしめん、スパイスカレー

好きなもの:温泉、湖のある森、オオカミ、雪景色

好きな言葉:「冬来たりなば春遠からじ」

<研修・ワークショップ・講座実績>

 

株式会社オカムラさま・ジョンソン エンド ジョンソン株式会社さま・矢崎総業株式会社(YAZAKIグループ)さま・株式会社東芝さま・三井不動産ワークスタイリングさま・原宿東郷記念館さま・医療法人グループ翠会さま・SR LGBT and ALLIEsさま・港区男女平等参画センターリーブラさま・川崎男女共同参画センターすくらむ21さま・ソフトウェア技術者協会さま・日本大学日本語講座さま・聖隷クリストファー大学看護学部さま・慶応大学商学部さま 他多数 (順不同・名称公開可能なクライアントさまのみ)

 

​ 

​ 

 

<メディア掲載・寄稿>

・MASHING UPさま

属性でなく、個性を見る /グループでの対話を通して「普通」を問うカード(前後編)

​ 

​・株式会社オカムラさま webマガジン「Work Mill」レポート

ウェルビーイングを実現し、生産性を高める組織づくりへ

・ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ 「Open&Out」さま

ニュースレター2021年3月号「思い込みを想像力で超えていこう」

​・手島美衣 / 内田和利 / 長谷川博史 著「LGBTと労務」

コラム寄稿(ソジテツ®紹介)

法人概要

名称

  一般社団法人ウェルビーイングコミュニケーションラボラトリー

  (略称:WBCラボ、WBC Labo)

所在地

  埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-36-19 501

代表理事

  大林あや

​主な事業

 (1) 生涯学習の場の企画・運営および受注事業。
 (2) ファシリテーター・インストラクター・講師の育成およびその資格の管理事業。
 (3) 組織・コミュニティ内の研修およびコンサルタント・プロデュース事業。
 (4) コンテンツおよび製品の企画開発・販売・プロデュース事業。
 (5) 出版物、放送、Web等媒体のデザイン企画・編集・発行事業。
 (6) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業。

お問い合わせ

お問い合わせをありがとうございます。

​返信メールが迷惑メールフォルダに自動振り分けされることがありますので、ご留意くださいませ。