オカムラ様へ、D&I実践についてのオーダーメイドe-Learningを作成しました

2018年度より毎年、社内でダイバーシティを広めるために研修をご依頼いただいている株式会社オカムラさまから おおばやしへ 、3回目の今年は「D&Iを実践するためのアイデア」 e-Learning 教材をご依頼いただきました。一昨年は部長職の方々からはじまり、今回は動画としてすべての社員の方が閲覧いただけることとなっております。 ソダテルプロジェクトや人財開発部のみなさま、いつも柔軟に対応・ご協力いただき、 本当にありがとうございます!

 

コロナ禍により対面研修ができない状況ではありましたが、世の中の流れが変わっても、人の多様性を活かすことを真剣に考え続けたい…という、事務局のみなさんの思いに、「今だから、私だからこそできることがあるかもしれない」と勇気をいただきました。例年とはまた違った切り口で「働いているみなさんに本当に使えるD&Iの考え方や手法」を本気で考える機会となり、オカムラさまの企業理念を軸に、 本当のダイバーシティにこだわり、古今東西とオリジナルの様々なメソッドを参照しながらストーリー建てをして、納得感を意識し作成しました。

ダイバーシティへの道は決してひとつではありません。手法よりもどこへ行くか、どうありたいかが重要です。御覧いただいた個々の方に少しでも心に響き、納得でき、やってみたいと思われるものができていたのなら幸いです。

どうかお役に立てますように。

 

今回のご依頼で数週間テーマにごく真剣に向きあったことで、私(おおばやし)も公私ともに得るものが大変多いお仕事となりました。あらためまして、オカムラさま、機会をいただき本当にありがとうございました。


3回の閲覧

© ウェルビーイングコミュニケーションラボラトリー / Well-being Communication Laboratory