オンライン哲対話(2/12) 開催報告

最終更新: 3月4日

2/12に、『自分の”これでいいんだ”をみつける』オンライン哲対話会:テーマ「ふつう・当たり前」+【お金・労働・豊かさ】(ファシリテーター:おおばやしあや)を開催しました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。


コロナ禍により、人と人との対面が激減し、また答えのないことに向き合う機会も増える中、今年のテツラボは「自分の“これでいいんだ”」をともに考える「哲メソッド」がお役に立てるのではないかと、

その回のトピックを明確にしてのぞみ、参加者の方の考えや興味によって、対話が柔軟に変化する様式をとっています。(ルールもより、わかりやすくなりました)

今回のトピックは「お金・労働・豊かさ」。


今回みなさんとの対話を通して出てきた哲はこちらです。


・人の労働の価値は、何よってわかるのか?

 ⇒労働とは何か?

 ⇒労働とはたらくの違いは?


・「会社に必要な人間」とはどういう人のことか?

 ⇒雇われる人に共通するものはあるか?

 ⇒会社に選ばれるってつまりどういうこと?

 ⇒やりがいとは…?(雇われるときと自分ではたらくときの違い)



今回も初めての方が多く。そして初対面でも、とても深く「哲対話」をしてくださいました。参加者の方々にある共通点があって、共感も生まれたりしていました。

答えのないことに、ともに向き合うことで、それぞれの意見は違っても何か一体感が生まれる、オンラインでも温かい交流を感じる、不思議な現象を今回も感じられました。


あらためまして、ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました!


◆次回開催は2/26(金) 20-22時、

テーマは「ふつう・当たり前」+【情報・マスメディア・SNS】(ファシリテーター:おおばやしあや)になります。

このテーマにご興味のある方、2時間で、深い気づきやあたたかい交流をお届けします。ぜひお待ちしております。


http://ptix.at/7GheKG






2回の閲覧0件のコメント

© ウェルビーイングコミュニケーションラボラトリー / Well-being Communication Laboratory