ソシオドラマおためし(3/7)開催しました

「ダイバーシティ×ソシオドラマ」お試し版3/7の回を開催しました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

お試しとはいえ毎回構成や内容を進化させているのですが、今回は「感情」について深く掘り下げました。ソシオドラマは人間関係の問題、すなわち人と人との間に起こる「感情」を扱う心理劇です。安全に客観視しつつ架空のドラマとして演出することで、スッキリ感や理解や変化を促します。

(ネガティブな)感情はなんのためにあるのか、感情を表さない(おさえる)とどうなるのか、感情を適切に表さない(ぶつける)とどうなるのか……まずそんなことを一緒に考えてみて、本番をスタートしました。

おっとりした雰囲気の方が多かったのですが、表情や言葉を思い切りよく即興してくださって、「あるあるー!」「こういう人いるよね…」と共感しっぱなしでした。

実際に演じてみる、見てみる中で、「この立場の人はこう思っているのかもしれない」「逆の立場を演じてみてなんとなくわかったことがある」とそれぞれ感じてくださったものがあったようです。

・とっても楽しかった!

・自分がふだん色々な役を「着ている」ことがわかった。いろんな役がサッと出てくる感覚が面白かった。

・最初は緊張していたけれど、大丈夫になった。ドラマの中で起きたことに現実が重なって、色々気づきがあった。

・いろんな役をやらせてもらえて、スッキリした!

2時間半の時間なので、十分なフルセッションではないのですが、でもたった2時間半でも、初対面の人同士が安全に「感情」について語り合って、ともにドラマを作り上げてみることができ、オンラインであってもまるで同じ場にいるような繋がり感があり、あらためて人間の持つ力を感じました。

ディレクションをするたび、私は「感情」が決して怖いものではないなと思うようになり、避けるから余計怖いのかも…と思うようになりました。そしてそれを乗り越えられる人の創造性と想像力、自発性のすばらしさを実感します。

参加されたみなさま、一緒に気づきの場を作りあげてくださって、本当にありがとうございました。(感想+シェアいただけたらありがたいです)

文字でなかなか伝わりづらいので、ご興味を持たれた方ぜひご参加ください!お試し版とフルセッションがあります。

安全な場と楽しさを保証してお待ちしております。  


(ディレクター おおばやしあや)

☆お試し版 4/2

https://sociodrama0404.peatix.com/

☆フルセッション 3/28

https://sociodrama0328.peatix.com/

10回の閲覧0件のコメント

© ウェルビーイングコミュニケーションラボラトリー / Well-being Communication Laboratory